*

第二種電気工事筆記試験対策 材料(金属管)

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 材料

金属管工事用

金属管工事で使用する材料を集めました。

図、名称、略記号すべて覚える。

ねじなし電線管(E管)

太さは外形の大きさで表し、Eをつける。E19,E25を覚える。長さは3,666[m]。肉厚が薄く、ネジきり加工ができない。施工はねじなし接続で行う。

 薄鋼電線管

太さは外形で表す。19,25で覚える。厚鋼電線管よりもうすいが、ねじ山を切って接続加工することができる。

 厚鋼電線管(G管)太さは内径で表す。暑さが2.3mmと厚いので船舶、防爆工事などで使用される。

 1種金属加とう電線管

亜鉛メッキを施しており、自由に曲げることができる。

 ねじなしボックスコネクタ

ねじなし電線管とボックスを接続するのに用いる。

 ねじなしカップリング

ねじなし電線管を接続して延長する。

 カップリング

金属管を接続して延長する

露出スイッチボックス(ねじなし電線管用)

露出配管工事でスイッチやコンセントを取り付けるのに用いる

埋込スイッチボックス

金属管の埋込配管でスイッチやコンセントを取り付けるときに用いる

コンビネーションユニオンカップリング

金属製可とう電線管と金属管を接続するのに用いる

 コンビネーションカップリング

2種金属製可とう電線管と金属管とを接続する

ロックナット

金属管をボックスに取り付けて固定する

絶縁ブッシング

金属管をボックス内に取り付ける際に電線の損傷を防ぐために用いる

サドル

造営材に金属管を固定する

接地金具(ラジアスクランプ)

接地金具(ラジアスクランプ)

ノーマルベンド

金属管工事の直角屈曲場所に用いる

ターミナルキャップ

配管の管端に取り付けて、電線被服の保護に用いる

ウエザーキャップ

金属管の管端に取り付け、雨水の侵入を防ぐ

ユニバーサル

露出金属配管の直角部分に用いる

ユニオンカップリング

薄鋼電線管相互の接続で、どちらも回すことができない場合に用いる

エントランスキャップ

屋外の金属管の管端に取り付け、雨水の侵入を防ぐ

関連記事

第二種電気工事筆記試験対策 材料(接続に関するもの その1)

接続に関係するもの アウトレットボックスなど接続に関する材料を集めました。 図、名称、略記号

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(ダクト類)

ダクトに関係するもの ダクト類に関する材料を集めました。 第二種電気工事士 短期合格特別講座

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(電線・ケーブル)

電線・ケーブル よく出題される電線・ケーブルである。 図、名称、略記号すべて覚える。

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(コンセント)

スイッチに関係するもの コンセントに関する材料を集めました。 埋込連用コンセント

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(接続 その2)

接続に関係するもの リングスリーブなど接続に関する材料を集めました。 図、名称、略記号すべて

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(樹脂管類)

合成樹脂管用 合成樹脂管工事で使用する材料を集めました。 図、名称、略記号すべて覚える。

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 材料(スイッチ類)

スイッチに関係するもの スイッチなど接続に関する材料を集めました。  

記事を読む

第二種電気工事筆記試験対策 試験ででる工具

工具に関係するもの 工具に関する材料を集めました。 第二種電気工事士 短期合格特別講座

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
2019年度第二種電気工事士上-期問題-問6-とい

分析 問11、12、13、15、16は簡単(Cレベル)なので

2019年度第二種電気工事士上-期問題-問1から問5

計算問題は基本的に解かなくても合格できる。特に問い4、5は簡

no image
平成27年度上期の問題解説~これで60点突破!

平成27年度の問題の解き方解説 平成27年度は、C問題が28問、A,

no image
平成26年度上期第二種電気工事士筆記試験解答速報

平成26年度上期第二種電気工事士筆記試験解答速報です。 オーム社

no image
単相3線式の電圧降下(配電理論)

単相3線式の電圧降下 一番上の抵抗に流れる電流I_{a}[/

→もっと見る

  • 2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    PAGE TOP ↑